代表ご挨拶

初めまして。
ブライダルモアイを運営している、南三陸モアイファミリー代表・柳井(ヤナイ)と申します。

出身は東京都。
血液型はA型、趣味は映画鑑賞と食べること。
最近ではeスポーツの実況中継視聴と猫をこよなく愛する、30代男子です。
20代後半まで関東圏で生活をしておりましたが、震災の翌年2012年に、東日本大震災で被害の大きかった宮城県の南三陸町へ移住し、町の職員として3年間働き、地域のPRや震災復興に携わってきました。
現在では移住生活にもすっかり慣れ、こちらでの暮らしを楽しんでおります。

ではここからは、「私とモアイの出会い」をご紹介させていただきます。

柳井 謙一

 

私とモアイの出会い

私とモアイの出会いは2013年にさかのぼります。
ちょうど私が南三陸に移住して1年目の2013年5月、世界初となる本物のモアイ像が、イースター島(チリ共和国内)から南三陸町に贈呈されました。

これが私とモアイの最初の出会いになるわけですが、この時は、まさかモアイで事業をするなど予想すらしておりませんでした。

ところで、なぜ南三陸町にモアイ像が贈呈されることになったのでしょうか??

 

なぜ南三陸町にモアイ像が贈呈されたのか?

実は南三陸町とイースター島(チリ共和国内)は、震災以前から長い友好関係にありました。
(1990年には、レプリカのモアイ像がチリから贈られたりもしております。)

2011年に南三陸町を襲った大津波により、町は壊滅的な状況になりますが、その際チリの大統領が現地に足を運び、町の“復興”と南三陸町とチリの“絆”のシンボルとしてモアイ像が贈呈されることになりました。
こうして門外不出と言われる本物のモアイ像が、イースター島から贈られることになったのです。

南三陸町とモアイ像の絆について詳しくは、南三陸モアイファミリー公式ホームページをご覧ください▼

南三陸町のモアイ像について

 

南三陸モアイファミリー誕生の経緯

モアイ像贈呈だけでも驚きましたが、モアイ像に込められた絆のストーリーを知ったとき、私の中で「このモアイ像を全国に広め、チリの人々から頂いた絆の大切さを全国に伝えたい!」そんな気持ちがムクムクとわいてきました。

そして、その想いから「そうだ!モアイグッズを開発し、販売を通して南三陸町のモアイ像をPRしよう!」と決心し、南三陸モアイファミリーを立ち上げました。

以来、オリジナルモアイグッズの開発と販売を通し、南三陸町のモアイ像についてPRし続けております。

 

全国のお客様に感謝の気持ちを込めて

そんな経緯から設立した南三陸モアイファミリーですが、ここまで沢山のお客様に支えていただきながら、お客様と一緒に事業を育てて参りました。
2017年には株式会社として生まれ変わり、気持ち新たに再スタートを切ったばかりです。

 

ここまで支えていただいたお客様への感謝の気持ちを忘れず、今後ともよりよいサービスをご提供できるよう精進してまいります。

今後とも南三陸モアイファミリーをよろしくお願い致します。

 

 

 

南三陸モアイファミリー代表
柳 井  謙 一

 

 

©  BRIDAL MOAI All Rights Reserved.
PAGE TOP
ご注文はこちら
お問い合わせ
サンプル請求